基本的な知識|内祝いに悩んだら通販サイトを活用しよう【喜ばれるお返しを選ぶ】

喜びのお裾わけ

結婚内祝いは、結婚式に出席してくれた人や結婚祝いをくれた人に感謝の気持ちと幸せのお裾わけをする意味を込めて贈るものと言われてます。結婚内祝いに使われる引き出物の「引き」という言葉、長引く・長く続くという意味が込められているため縁起が良いと言われています。

貰って嬉しいギフトセット

no.1

カレーギフトパック

一位に選ばれたのは、カレーに合うお米とこだわりカレーがセットになったギフトパックです。カレーの旨味とお米本来の旨味を楽しむことができるため、カレー好きの人にとっては嬉しい商品です。

no.2

炊き込みご飯セット

二位に選ばれたのは、お米の味を楽しみつつ食材の味も楽しむことができる炊き込みご飯セットです。お米が大好きな日本人にとっては嬉しい贈り物です。贈る家庭の人数に合わせて量を選ぶことができます。

no.3

佃煮セット

三位に選ばれたのは、白米が好きな人から人気を集めている佃煮セットです。お米專門の料亭で作られた佃煮や梅がセットになっているため白米の美味しさを堪能することができます。

no.4

海苔セット

四位に選ばれたのは、お米が入っていないタイプの海苔セットです。しお・ゆず・わさびなど様々な味付けがされた海苔がセットになって販売されているため、お米に合う物を贈りたいという人から人気を集めています。

no.5

プチギフトセット

五位に選ばれたのは、年齢層の高い家庭や、人数の少ない家庭に最適なプチギフトセットです。お米と海苔、お茶などシンプルなセット内容になっているため年配の人達から喜ばれています。

基本的な知識

贈り物

縁起の良い物を選ぶ

結婚内祝いは、結婚祝いのお返しとして贈る物と言われているため縁起の良い物を選ぶことが大切です。そのため、贈る品物にも注意しましょう。また、品物を贈るときの熨斗の種類やラッピングの柄などにも注意が必要です。お祝いにふさわしい熨斗があるため、どれを選んだ方が良いのか分からないという人は、事前に調べておきましょう。

結婚内祝いの相場

結婚内祝いを贈るときに困ってしまうのが、価格の相場です。人によって結婚祝いに貰う物や、金額が異なるためどのぐらいの相場が妥当なのか悩んでしまう人も多いでしょう。そういったときは、貰った物の価格の半分から三分の一程度の料金を見積もって選んでみてください。

結婚内祝いを渡す時期

結婚内祝いを渡す時期として、妥当なのはご祝儀を貰って一ヶ月以内が妥当と言われています。しかし、遠方に住んでいる人や、なかなか合う機会の無いという人の場合は、通販サイトなどを利用して渡したい相手の自宅に直接配送してもらいましょう。その時、一言メールや電話、もしくはメッセージカードなどで感謝の気持ちと謝罪の気持ちを伝えておけば、相手も不快な思いをせずにすみます。日持ちする物が良いという場合や、どんな人にでも喜ばれるような物を選びたいという人は、小分けタイプのお米ギフトなどを利用してみてもいいでしょう。

広告募集中